オレは人間をやめるぞ! 超像Art石仮面レビュー 【ジョジョの奇妙な冒険 第1部】

 やっとこさ超像Art石仮面が届きました♪

画像


 その破壊的価格設定から、購入すべきかどうかかなり悩みましたが・・・

 ついにわが家へ到着!

画像


 さすがに1/1ということもあって箱もデカイですね。

 早速開けてみる。

画像


 保護用にかぶせてあったスポンジをめくると、ついに石仮面登場!

画像


 実際に見てみるまで正直いろんな迷いはありましたが・・・

 この完成度の高さはすごいと思います。

画像


 以前プレステ2のソフトの抽選用の石仮面なんていうのもありましたが、全く違った仕上がりですね。

 こちらはなんかのっぺりしていて能面みたい(笑)

 今回市販された石仮面の方が断然良いです!

画像


画像


画像


画像


画像


 今回はポリストーン製ということもあってか質感も素晴らしい。

 手に持つとずっしりと適度な重みも心地よく、本物の石仮面を持っているかのような感覚を味わえます。

 ただ、取扱いには注意が必要そうですね。

 落とすとヤバそう・・・っていうか絶対ヤバいです。

 やはり設置方法は見映えも大切ですが、安全性を最優先すべきだと思います。

 “ジョースター家の石仮面のように、壁にクールに飾ってみたいよな~”っていう欲求も確かにありますが・・・

 ある程度の強度はあるようですが、素材が素材ですし、“どこに骨針が収納されているんでしょ?”と思える程薄い。

 高所から転落するとかなり激しく破損することは間違いないでしょう。

 上手くやればできないこともないのかもしれませんが、世の中完璧なんてことはありえません。

 どんな不測の事態が起こるか分かりませんし。

 しかもここは地震大国日本。

 壁にかけて飾るにはリスクがかなり高すぎるように思えます。

 やはりおとなしく、付属の箱に入れて飾るのが無難ということでしょうか。

 しかも箱に入れて飾るにしても、箱を垂直に立たせるとまずそうです。

 石仮面の自重で前に倒れる危険が。

 届くまでは“これだけ高価な商品なので、壁に飾る用のオプションでも付けてくれれば良いのに”とも思いましたが、どうやらこれはあえて付けなかったような気もしますね。

 せめて倒れにくいようにじゅうぶん考慮された専用のディスプレイ用台座なんか付けて欲しかったですが、やっぱりそれも難しいのかな?
 
画像


 石仮面を箱に固定するインナー部分はパッと見高級感がありますが、実際には発泡スチロールに赤い布を巻き付けた意外とお粗末なつくり。

 こちらの方も中身が発泡スチロールなだけに取扱いは丁寧に行ってあげた方が良さそうです。

 箱で飾るのが前提の仕様になっているように思えますが、それならちょっと箱が安っぽい感じもします。

 木製の箱とかもっとこだわっていただければありがたかったかなともと思いました。

 ダイヤ柄っていうのもジョジョっぽいといえばジョジョっぽいんですけど、ちょっとね(笑)

画像


画像


 飾り方が難しい分、せめて発光させたりして楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

画像


 塗装もドライブラシが表面のモールドを際立たせ、本物の石のような質感表現に効果的に一役かっています。

画像


画像


 内側の謎の文字もしっかり再現されてますが、コレいったい何て書いてあるんでしょ?

画像


画像


 デザイン的には先に発売された超像ストラップの石仮面をそのままスケールアップしたような感じ。

 ストラップも良くできていたと思いますが、やはりこの大きさからくる迫力には圧倒されてしまいますね。

画像


 プライズの石仮面も手に入れた当初は“なかなかボリュームがあって良いかな”と思えたものですが、この石仮面の前ではおもちゃみたいです(笑)

 精度的にも“やっぱりプライズだよね”って感じはどうしてもありますしね。

画像


 “これを被ると老いていく恐怖から解放されることができるのか・・・?”

 そんなことを本気で考えてしまうような完成度の高さでした。

 手に取ると、この仮面に魅せられたストレイツォの気持ちも分かるような気がします。

 でも、私は今のところまだ人間はやめませんが(笑)

 今回発売された超像Art石仮面は、数ある石仮面アイテムの中でもダントツ、文句なしのデキだと言って良いと思います。

 まぁ小さいのは色々出てますが、1/1での“市販品”としては今回が初ではありますしね。

 ジョジョを語る上でもマストアイテムでありますし、このデキ、一家に一個あっても良いのかなとは思いますが・・・

 値段が値段ですのでお勧めはいたしません。

 やっぱり高いですよ、この値段は!

 今回はそれを納得の上購入しましたので後悔はしていないんですが、やっぱり高い(笑)

 質感や重量感までこだわった現存する石仮面の中では最高の逸品。

 ただ思うところ、求めるところは人それぞれかとも思いますが、個人的にはPVCでもっと気軽に扱える感じにして欲しかったかもです。

 値段ももうちょっとおさえていただいて。

 おそらくこの価格帯ですから、赤石Ver.は発売されないような気もしますね。

 もし出されてもこの次は購入するかどうか分かりませんが。

 今回どれくらいの方々がこの石仮面を購入し、そして人間をやめられたんでしょうか(笑)

 
 さてコレ、どう飾りましょ???


 もうすぐガシャポンの石仮面も登場ですね。

画像


 これはカーズ様もびっくり。

 なんかビミョウじゃないかい(笑)







【ジョジョの奇妙な冒険 第1部】

オレは人間をやめるぞ! 超像Art石仮面レビュー 

荒木飛呂彦
 


 

 

"オレは人間をやめるぞ! 超像Art石仮面レビュー 【ジョジョの奇妙な冒険 第1部】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント